ギャンブルが原因の借金はこうやって解決する

By | 2015年12月3日

借金苦
ギャンブルが良いものではないと分かっていても、なかなかやめられないんです。

私もその経験者なのでよく分かります。

ギャンブルは人を中毒にさせます。

特にギャンブルを始めたころに勝つと、あの快感が忘れられずに何度も何度もギャンブルに手をだそうとしてしまいます。

ビギナーズラックはある意味でとても恐ろしいものだと思います。

借金苦
わたしの場合は、パチンコ、競馬、競輪とさまざまなギャンブルをしました。

借金は最高で500万円くらいにはなっていたと思います。

負ければ負けるほど、それを取り返そうと思ってギャンブルにハマってしまいます。

ギャンブルをするのにもお金が必要で、以前なら、どこか別のところからお金を借りるのも楽ではありませんでしたが、今では銀行にしても、消費者金融にしても簡単にお金を借りることができるようになっています。

それは罠だと思います。

わたしの経験から言って、ギャンブルの借金を解決するためには2つの方向が必要です。

借金苦
1つはすでにギャンブルによって作ってしまった借金を早めに返済するということです。

ギャンブルで借金を作る人間は、自分がいったいどのくらいの借金をしているのかよく分かっていないことが多いです。

なんとなく次回ギャンブルで勝ったら、その借金をすべてチャラにしてやろうと考えているからです。

しかし、残念ながら永遠にそんな日は来ません。

もし、ギャンブルに勝ったら、借金の返済に回すのではなく、その元手でさらにギャンブルを続けてしまうのです。

せっかく勝ったのだから、これをもっと大きくしてやろうと非現実的なことを考えます。

ですから、まずはきちんと現状を把握して、自分がどのくらいのお金を借りていて、それをそのまま放置していたらどれだけ恐ろしいことになるのか数字で客観的に確認することが重要です。

借金苦
そして、もう一つはギャンブルをやめることができるように努力するということです。

過去に作った借金を少しずつ返済していても、他方でギャンブルを続け、その度ごとにお金をそこにつぎ込んでいれば、本末転倒です。

そんなことを避けるためにはギャンブルを完全にやめることが大切です。

人間がなにかの中毒になるためには、その行為を引き出すための「トリガー」つまり引き金となることがある、と言われています。

それで、あなたがギャンブルをしてしまうトリガーとなるものを見極めましょう。

仕事上のストレスだったり、家族との関係が絡むこともあるでしょう。

よく自分の頭を使って分析し、二度とギャンブルが原因の借金にハマることがないようにしてください。